エジンバラ・タウンホール・インディアハウス(挙式体験レポート)

お客様の挙式体験レポート

エジンバラ・タウンホール・インディアハウス

2001年6月21日挙式 菅井俊様・幸恵様

大好きなイギリスで結婚の軌跡を残したいと思い、地元カップルも挙式に使うタウンホール(市役所)を希望。当日は地元の人も挙式をしていましたよ

手作りの実感もひとしおの
超個性的なジミ婚で決めた!

以前に旅行をしたときカルチャーショックを受けたイギリスで、形に残る挙式をしたかったという菅井俊さんと幸恵さん。“リーガル挙式”を調べてみると日本人同士がイギリス本土でリーガル手続きをするには挙式前の必要滞在日数が長いなど半ばあきらめかけていました。そこでEVCに相談したところ、「イングランドと違って、スコットランドなら挙式前2日間の滞在を条件に法的挙式が行える」とわかり、特注ウエディングを作ってもらいました。日取りはEVCのアドバイスで季節のよい6月に。「おかげでジューンブライドになれた上、私の誕生日の6月21日が入籍日となりました」と幸恵さん。到着後には通訳ガイドさんの案内で俊さんが着用する民族衣装のキルトを探したり、お話を伺ったりして、スコットランドの文化や生活にも触れられる感銘深い挙式になりました。
1. 民族衣装に身を包んだバグパイプ演奏家とタウンホールの前で撮影 2. これが「エジンバラ・タウンホール・インディアハウス」の正面。日本の市役所に当たり、地元カップルも訪れます 3. 挙式前日にガイドさんの案内で新郎の衣裳合わせ。「キルトは恥ずかしいけれど、土地に馴染む格好だからぜひ着ようと思って」(俊さん)「チャールズ皇太子みたい」(幸恵さん) 4. リーガルの婚姻証明書
Ceremony ウエディング・セレモニー
地元の厳粛な流れに則り
愛の誓いを永遠に結んで

タウンホールに到着したふたりを真っ先に出迎えたのはバグパイプの演奏。簡単な質問を受けていよいよ挙式スタート。現地入籍する場合は必ず2名の立会人を必要とするため、バグパイプ演奏家とカメラマンにその役をお願いしました。

5. 指輪の交換もシンプルな誓いのもとで 6. 挙式会場はシンプルな一室。花飾りを両脇に置いた祭壇で署名と誓いを行います 7. お世話になったスタッフの皆さんとのショットは大切なヒトコマ
After Ceremony 挙式後
挙式後は、スタッフの笑顔に囲まれてシャンパントースト&ケーキカット。喉を潤し、一息ついたら、バグパイプのおじさまと一緒にフォトツアーへ出かけます。
8. 手入れの行き届いた庭園や公園に歴史を刻んだお城や教会が点在するエジンバラの街はフォトツアーに絶好のロケーション 9. ウエディングケーキの飾り付けもスコットランドらしいタータンチェックのリボン。スタッフの笑顔に囲まれて入刀 10. 民族衣装はやっぱり絵になる! 初めは恥ずかしがっていた俊さんもポーズが決まってきました
Brid’s Eyes
白いワンピースとスーツにするつもりでしたが、「せっかく挙式にこだわったのだから、衣裳も形に残るスタイルで」とアドバイスを受け、彼が民族衣装を着ると決めたのは出発4日前。ギリギリのリクエストにも関わらず現地スタッフはよく承知してくださり、キルトのレンタル店に案内してくれました。私のドレスも実は現地で買ったもの。たまたまバーゲンセールにぶつかり、白いロングドレスを安く購入。女性用キルトもありますが、新郎がキルト、新婦は白ドレス、というのが地元のスタイルらしく、その国らしさをとことん追求したわけです。
Honeymoon & Activity ハネムーン&アクティビティ
大好きなロンドンを起点に
アイスランドへも小旅行

旅慣れたふたりはちょっと足を伸ばしてアイスランドへショート・トリップ。レイキャビック発のツアーに参加し、外国人観光客と一緒に自然の迫力を目の当たりにしました。

11. エジンバラの町中を散歩中のふたり。英国文化の香る建物や石畳が風情たっぷり 12. アイスランドのシンボル的存在とも言われる「ゲイシル(間欠泉)」を観光。写真は二代目間欠泉「ストロックル」で、5〜10分おきに約30mまで熱湯を噴き上げます 13. 「黄金の滝」の意味を持つアイスランド最大の滝。氷河から流れ出る大河クヴィークの水が、幅70m、高さ最大30mの階段状の溶岩層から流れ落ちます 14. ロンドンではお茶にスコーンにフルーツもたっぷりのアフタヌーンティを堪能

-----------------
お客様の挙式体験レポート(全方面)のトップ
もどる

Top