エ・ワレア・バイ・ザ・シー(オーダーメイド事例・挙式体験レポート)

お客様の挙式体験レポート

エ・ワレア・バイ・ザ・シー(ハワイ島)

2001年5月16日挙式 谷口敏明様・愛様

ハワイの伝統文化と現地の人々に触れたくて、B&B宿泊付きウエディングに決定。のんびりした時間の優雅さと手作りのぬくもりを実感しました。

自分で見つけたビーチサイドで
オーダーメイド結婚式を叶えた

ハワイ文化に興味があったことから、どうしてもハワイ島で挙式をしたかったという谷口敏明さんと愛さん。「既成の挙式パックには自分たちの希望に叶うものが見つからず、EVCに相談しました。EVCは自分の見つけたいくつかのB&Bを調べて、納得のいくオリジナル挙式に仕上げてくれました」とは愛さん。B&Bのオーナーさんもアイデアを出してくれ、ハワイアンチャントと呼ばれる昔ながらのハワイアンソングやフラダンスが盛り込まれることに。夕陽が沈む海を目前にしたサンセットウエディングは、ウクレレが鳴り響くソウルフルな祝福に包まれました。
1. 祝福のシャンパンを夕陽の海に向かってオープン!この開放感に愛さんは思わず裸足に 2. 夕闇にシルエットが浮かぶドラマチックなスナップフォト 3. 結婚指輪は波をデザインしたハワイアンジュエリー。海神の文字も入れて 4. オーナーさん手作りのレイをかけて交わす誓いのリング 5. セレモニーの入場はトーチライトに導かれて 6. ロコスタイルのヘッドフラワー“ハク”を飾る期待と緊張の一瞬。“ハク”とはハワイの花嫁が髪に飾る花輪のこと。他にブーケと新郎のレイもオーナー夫妻の手作り

7. 夕陽と夜の境目に浮かび上がった美しいシルエット。こんなアーティスティックな撮影もサンセットならでは 8. ブーケもレイもハクも全部手作り。B&Bスタッフの温かなハートに包まれた幸せポーズをキメて!  9. ウクレレ音楽に載せてふたりのためにハワイアンチャントを踊るプロダンサー 10. 司式は優しげな眼差しの女性牧師先生。挙式後には抱き合って感動を分かち合いました 11. オーナーさんがハワイアンチャントを教えている「アウトリガー」ホテルに招かれてビュッフェ・ディナー

Before Ceremony 挙式前
たまたま他のお客様がいなかったB&Bは貸切状態でアットホームな気分。お支度の間もみんなが気にしてくれ、オーナーさんは「ハワイの花嫁はこんな感じだよ」と、シンプルなドレスに合わせたヘッドフラワーの“ハク”の載せ方を見せてくれました。


Ceremony ウエディング・セレモニー
母親のように優しい瞳で見つめる牧師先生の司式で、オン・ザ・ビーチ・ウエディングがスタート。心温まる挙式に、日本人の通訳スタッフも目を潤ませたそう。式後はハワイアンチャントの演奏とダンスを鑑賞し、最後に皆で抱き合って感動を共有。


ふたりの先導はトーチライト、バージンロードは柔らかな浜の砂。多くの人々が見守ってくれることに愛さんも感無量だったそう。式後にはハワイアンチャントを鑑賞し、夕陽の中の記念撮影を楽しみました。


After Ceremony 挙式後
挙式を終えた頃には、景色もロマンチックなサンセットに突入。静かな海辺で祝福のシャンパンを飲み、記念撮影を満喫。水平線に沈む太陽を活かしたシルエット・フォトや、夜色に深まる群青の空を入れた壮大な構図をプロカメラマンが美しく撮影。


Honeymoon ハネムーン
とにかくゆったり過ごそうと、レンタカーで島内巡り。真っ直ぐな田舎道に車を走らせ、朝食時のおしゃべりで聞いた観光ポイントを見たり、何もしない贅沢を心身に染みわたらせたり。B&B近くにはビーチもあり、夜は星座のまたたきを観察。


-----------------
オーダーメイドウエディング
お客様の挙式体験レポート(全方面)のトップ
もどる

Top