シアトル(挙式体験レポート)

お客様の挙式体験レポート

シアトル

全米でもっとも魅力的といわれる
西海岸のエメラルドシティで
温かさをもたらす海の深い入り江、湖、そして森と牧草地を広げる山塊に囲まれたシアトルは、温暖な気候に恵まれています。市内を取り囲む3つの自然公園、遠くに望むレーニエ山、温和な保養地として人気のワシントン湖、そして夏にはオルカ・ウオッチングのクルーズ船でにぎわう太平洋など、美しく清澄な大自然がすぐ身近に、穏やかに広がっているのも、シアトルならではの魅力です。
シアトルの個性的な魅力は、もちろん市内にも。100年の歴史をもつマーケットのにぎわいや、小粋なブティックの並ぶダウンタウン(坂が多く、ちょっとサンフランシスコのようなたたずまいです)、浮橋や豪邸をぬう運河クルーズ、スターバックス・コーヒーでおなじみのおしゃれな「シアトル・カフェ」(街のそこここにお店があるんです!)、センスのいいアーティストたちのショップなど、街歩きも奥が深い。そうそう、あのイチローが活躍するマリナーズの本拠地セーフコ・フィールドもはずせません。

Before Ceremony 挙式前
挙式の約3時間前、ホテルのお部屋をヘアメイク・着付け担当のキョウコさんがドレスを手に訪れたときからお支度がはじまります。贅沢なほど広々とした、Wホテルならではの明るいバスルームでのヘアメイクは、「ひとりひとりの花嫁さんの心を大切に」というキョウコさんのことばのようにイメージどおりのできばえに。前日のエステやネイルケアにリハーサルメイクも受けられます。

1. ドレスは事前にしっかりプレスされてお部屋に届きます 2. ルームサービスの朝食がゆとりある挙式日の始まり 3. ヘアメイクはパリで学んだアーティストのキョウコさんが担当 4・5. バスルームから廊下までW独特のデザイン 6. 眺望の良い高層階のコーナールーム


7・8・9. 挙式から戻り、ホテル内でのフォトツアーは、スタッフも気さくなモダンテイストのロビーからアトリウムへ。装飾から照明までデザイナーズの感覚溢れるこの空間も絶好のフォトスポット。さらにユニークなステップを下ってお部屋へと続きます 10. Wホテルオリジナルのウエディングケーキとシャンパンで乾杯を。スイートでは時間に追われずふたりらしい空間を楽しみたい

Ceremony ウエディング・セレモニー

11. 教会内は明るくロマンティックな雰囲気 12・13. ブラドルームから聖堂に向かう階段や、蔓のアーチが美しくいお庭も絶好のフォトスポット。大きなコナラの木を囲む、柔らかい芝生の上には、愛らしい木製のベンチも設えられています

ダウンタウンから北東へ、鏡のような湖面をたたえるレイク・ワシントンに架かる浮き橋をわたり、リムジンはふたりを牧歌的な風景へと運びます。そこは、樹木がひめやかに香り、家々がビクトリア調に染められた古風なお屋敷町。花壇と芝生がつづく小高い丘の中ほどから、町を見下ろす蒼い三角屋根と尖塔のベル・チャペルがふたりの舞台です。おぼろな花霞のような壁画に飾られた祭壇での挙式は、静穏で朗らかなシアトルらしい落ち着きと、慈しみに満ちています。
ベル・チャペルは、19世紀末にメソジストたちの手で創建され、町の人々に愛され続けてきた教会です。高い梁の天井とくるみ材の座席がとても柔和で、ビクトリア時代の優雅もそこここに。祭壇の大きな壁画は、周辺の平和な自然と風景を描いたものだそうです。ブライドルームには、ふたりの結婚証明書に署名するための荘重なマホガニーデスクが用意されています。

Photo Tour フォト・ツアー
周辺には、ふたりのよろこびを際立たせる風景がそこかしこにたたずんでいます。ベル・チャペル近くに広がる穏やかなレイク・ワシントン湖畔、深緑や紅葉の木立ちが見事なワシントン大学、市街やエリオット湾を一望するクイーン・アンの丘など、「エメラルドシティ」と呼ぶにふさわしい風景の中でフォトツアーを満喫できます。

14. シアトルの全景が入る丘の上は同行者との集合写真におすすめ 15. 白亜の外観がかわいいベル・チャペル  16. ベル・チャペル前の住宅地まで絵になる光景 17. 秋にはこんな黄金色に輝く並木道を散歩してお気に入りのショットを残して。自然が溢れるこの周辺は写真撮影に最適です

Accommodation 滞在ホテル

22. Wホテルのエントランス 23. スイート内のインテリア 24. 心地いい眠りを誘うW ベッド
Wホテル
「W ホテル」は、ニューヨークで産声をあげ、全米各都市にその先鋭的なネットワークを広げる話題のデザインホテル。まるでカルバン・クラインのプライベートルームに迷い込んだようなゲストルーム、特注のWベッド、壁を飾るモノクロームの写真、さりげないオブジェ、自然派化粧品をそろえたアメニティ、肌触りのよいバスローブ、オリジナルのサウンドに至るまでスタイリッシュなドレス姿におすすめのホテルです。
フォーシーズンズホテル
1920年の設立からシアトルを代表するホテルとしてその名を残すホテルです。風合いと気品のある雰囲気は、質の高いホスピタリティとともに、ご両親でも安心して泊まれる5ツ星ホテルの格調を感じさせるもの。室内プールやフィットネスジムなどの施設も充実。ダウンタウンの中心にあり、ショッピングも散策も便利。

デラックスダブルルーム
ソレントホテル
ダウンタウンの南に位置するこのホテルは、その名前からもわかるようにイタリアン・テイストにあふれたシックなたたずまい。ロビーの記名帳にはその歴史を物語るように、いにしえの著名人のサインが多く遺されています。

25. リーズナブルなジュニアスイート 26. 挙式カップルにおすすめのペントハウスには専用のパーティルームとルーフガーデンテラスがついている

Wedding Spot 挙式会場
SAFECO FIELDセーフコ・フィールド
シアトルマリナーズのホームグランド、セーフコ・フィールドでの挙式がEVCのプロデュースにより可能になった。挙式はパーティ用スイートを貸し切っての観戦パックと試合のない日にフィールド上で行う二つのプランがある。ただし、対戦カードによりスイートの予約は困難なので早めの予約が必要。市内の教会で挙式後、スイートでの観戦ディナーパーティもおすすめ。ボールゲームを楽しみながらのウエディングパーティはアメリカらしい演出!

14. フィールドを貸し切っての挙式は高額だが招待客には大評判 15・16. 2001年10月18日のリーグチャンピオンシリーズVSヤンキース戦で賑わうスタジアムの正面入り口とイチローの打席に沸くライトスタンド
「セーフコ・ツアー」は宝島のようなセーフコ・フィールドをガイド付きで見て回れるプログラム。超豪華バー付きのVIP席やインタビュー室、選手のロッカールーム、プレス席など、ふだんは立ち入れない場所を約2時間かけて一周します。

17. セーフコ・ツアーでも人気のプレスルーム見学。記者席にも座れる 18. イチローの写真と記念撮影ができる球場の壁画

16名定員、40名定員のスイートを貸し切っての観戦パーティは、家族や友人を招いての挙式や二次会に大人気のプログラム。スイートにはビデオ、テレビ、冷蔵庫にバーカウンターまであり、シーフードやバーベキューのビュッフェも楽しめる。挙式には牧師先生やマリッジオフィサーも出張してくれる。

19. ボールゲームを観戦しながらのパーティは格別 20. ダイヤモンドクラブ専用のラウンジ 21. 16名定員のプライベートスイート。左奥が観戦席

ハイ・アルパイン・チャペル
弧を描いた緑の小途を回り前庭にめぐる、山の隠れ家のようなチャペルです。アーチを描く白い壁の岩の祭壇には、古代ヘブライ語のモーゼ「十戒」と、岩に穿たれた鉄の十字架や水晶があしらわれています。スイスのシャレー風パーティハウスも隣接。
式のクライマックスは、祭壇の岩の階梯をのぼってふたりで奏でる尖塔の鐘の音。この大きなベルは「幸せの鐘」と呼ばれ愛されています。
バスティア・チャペル
自然公園のなかにあるバスティア・ユニバーシティ(全米唯一の自然治癒医学大学)に併設されたチャペルです。手彫りのオークパネルシート、大理石の祭壇、ゴールドのシャンデリア、床ぜんたいに刻まれた木彫、古代劇場のような円柱など、威厳にあふれた雰囲気を36葉のガラスモザイク・ステンドの光がやさしく和らげています。
かつては修道院だった建物は、中庭から回廊のように広がります。
ヴィラ・アカデミー・チャペル
「聖心女学院」の姉妹校ヴィラ・アカデミーのなかに設えられたチャペル。慈悲に満ちたまなざしのキリスト像、バージンロードの両側に並ぶ八葉のステンドグラス、仰ぎ見るほどに高い乳黄色のアーチ、燭台のやさしげな輝き…すべてが荘重さに満ちています。
隣接する果樹園や針葉樹の木立ちなど、式後のフォトポイントも豊富に。
レイクフォレスト教会
ブナやヒノキの針葉樹林に囲まれ、ナチュラルな魅力にあふれた教会です。緑のエントランス、朴訥に積まれたレンガ、木漏れ日を静かに落とす大きなパインツリーなど柔和な雰囲気が漂い、木組みの、船の竜骨のような天井を素朴な灯りがそっと照らし、バージンロードの両側と祭壇の上から大きなステンドグラスが光を落としています。
目の前には自然公園が広がって、気持ちの良いパーティができそう。
Honeymoon & Activity ハネムーン&アクティビティ
ベルビュー・スクエア
ベルビュー=美しい眺めという名をもつこの町は、ダウンタウンからレイクワシントンをはさんだ対岸に、シアトルのベッドタウンとして落ち着いた街並が広がっています。その中心は、大きなショッピングモールのあるベルビュー・スクエア。庶民的なデパート、ボン・マルシェから有名ブランドショップ、そして雑貨やギフトなど小粋なお店が軒を連ね、1日楽しめるショッピングエリアです。
スタバのベルビュー・スクエア店は、「バーンズ&ノーブル」という大きな本屋さんといっしょになっていて、ラテを飲みながら店内の本を読むことができます。
ディナートレイン
シアトルの南レントンからレイクワシントンの東湖畔に沿うようにゆっくり北上する、およそ1時間の汽車の旅です。出発は午後6時半。キャンドルがやわらかに灯るクラシカルな車窓から、茜色に染まる湖や森の風景を眺めながらエレガントにコースディナーを楽しめます。挙式後のメモリアルディナーにもおすすめのアトラクションです。
左下は、ワイナリーでウエディング中のカップルと友人たち。終着のワシントン・ワイナリーでは貯蔵庫の見学やワインの試飲を楽しめます。
シアトルコーヒーを味わおう
おなじみのスターバックスをはじめタリーズ、シアトルズベストなど、シアトルには居心地のいい、おしゃれなカフェがたくさん。ダウンタウンではブロックごとに見つかるほどです。そう、シアトルは独特のカフェ文化を生み、育んだ街。ラテを注いだ取っ手付きのタンブラーを片手にダウンタウンをシアトルっ子みたいに散策するなんて、カフェ自慢のこの街ならではの楽しみです。

パイクスプレイスマーケットにあるスタバの歴史的1号店は開店当時の茶色いロゴを使い続けています

-----------------
お客様の挙式体験レポート(全方面)のトップ
もどる

Top