ヴァルモンティス(挙式体験レポート)

お客様の挙式体験レポート

ヴァルモンテス(アメリカ/バージニア)

2000年11月10日挙式 鈴木克明様・まどか様

一番シンプルなリーガル挙式ができるのがバージニアでした。

「大草原の小さな家」で
素朴で温かなアットホームウエディング

のどかな田舎町にあるB&Bヴァルモンティスでの挙式は、ふたりらしいスタイル。ウエディングドレスではなく、お気に入りのワンピースに身を包み、シンプルで気持ちのこもったウエディングデイ。挙式パックではなく、自分たちが必要なものだけを揃えた、手作りウエディングの想い出はふたりの宝物です。
1. ヴァルモンティスの明るいサロンにて挙式。「雑誌のグラビアで見た、モデルのケイト・モス風に、大好きなバーバリーのワンピースにベールの花嫁って憧れていたんです」とまどかさん。克明さんもお揃いのバーバリーのネクタイでスタイリッシュ! 2. 豊かな緑と青空がふたりを祝福しているかのよう 3. 歴史ある街にふさわしいコロニアル様式のコートハウス前で、念願のマリッジレジスターを受領
Ceremony ウエディング・セレモニー
建物から内装まで全てオーナー夫妻の手作りというアットホームなB&B「ヴァルモンティス」のゲストルームは全部で5室。部屋ごとに壁紙から調度家具までイメージが異なり、まるでアンティークなドールハウスのよう。全室に暖炉がついてるほか、フリードリンクなので、美味しいワインもシャンパンもお部屋で好きなだけいただけます。英国の片田舎を思わせるのどかな光景も、人々のあたたかさとともに心を和ませてくれました。
Bride’s Eyes

「20世紀中のリーガル挙式」「必要最低限の手配」
という願いに応えてくれました!

ふたりの誓いを大切にしたかったので、公式の司祭役と法的な記録にはこだわりました。イギリスを始め、さまざまな国でのリーガル式の内容と手続きについて説明を受け、一番シンプルにできそうなバージニア州に決めました。ふたりにとって「結婚式」と思える最低限のアイテムと演出についていくつもの提案をしてくれ、納得のいく、感銘深い挙式にする事ができました。

-----------------
お客様の挙式体験レポート(全方面)のトップ
もどる

Top