スリランカウェディング

インド洋の美しい自然を堪能する スリランカ楽園ウェディング&ハネムーン

srilanka-slogan

世界の旅行通も注目

「スリランカ」は光輝く島という意味。 インドの南に位置する島国で、北海道の約8割の面積に、雄大な自然、8つの世界遺産、紺碧の海、野生動物、多様な民族が交じり合う、魅力に満ちた国。マルコポーロが「世界で一番素晴らしい場所」と絶賛し、ニューヨークタイムズ「訪れるべき国第1位」(2010年)、ロンリープラネット「もっとも旅行したい国No.1」(2013年)に選ばれるなど、世界の旅行通にとっても憧れの場所です。
wedding-at-ahungalla4-thumbs

最高級ラグジュアリー・リゾートでのビーチ挙式

挙式場所は、ヘリタンス、アマン、それぞれ2つのリゾートから選択可能。 絶景のロケーションで、最上のホスピタリティに支えられてのウエディングが叶います。

挙式会場

8つの世界遺産

1-thumb

1ダンブッラの黄金寺院

スリランカ最大で、最も良く保存された石窟寺院。岩の塔は周囲の平原から160mの高さがあり、最も魅力的なのは、仏陀とその生涯に関連した像と絵画です。
2-thumb

2古代都市ポロンナルワ

スリランカでも、考古学上で最も優れた設計がなされた遺跡の一つ。王国の最初の統治者の規律と偉大さの永遠の証となっています。
3-thumb

3シーギリヤの岩の要塞

5世紀カーサファ王朝の首都として、カッサバ王が,岩の上に築き上げた城跡・宮殿跡。天女のフレスコ壁画が官能的な美しさを湛えております。
4-thumb

4聖なる都市アヌラダプラ

世界でも最古の居住地の一つ。4世紀から11世紀までスリランカの首都であり、この古代都市は仏教界では聖なる場所と考えられています。
5-thumb

5仏歯寺のある聖地「キャンディ」の街

シンハラ王朝2000年最後の王都。仏陀の聖なる歯が王宮に祭られています。この遺品は古代から、持つものが国の統治権を持つと信じられていたため、政治の世界で重要な役割を担っていました。
6-thumb

6紅茶畑が広がる中央高原地帯

仏教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥ教の聖地、スリー・パーダがあり、場所と標高によって異なる気候が、個性的で高品質な紅茶を作り出します。
7-thumb

7海と要塞の街「ゴール」

1500年代後半ポルトガル人により城壁が作られ、1600年代中頃にオランダが砦を拡張子、市街地を作った。街には教会や邸宅など西洋風の建物が並び、アジアにおける植民都市の面影を色濃く残す。
8-thumb

8自然世界遺産「シンハラージャ森林保護区」

低地雨林のジャングル。固有種の動植物が多く生息する。スリランカの国鳥、セイロン野鶏を見ることができます。

ビーチ愛好家のための究極の場所

ビーチ愛好家のための究極の場所 美しい黄金色のビーチが百数十キロ続き、通称ゴールデン・ビーチと呼ばれています。 複雑な生態系を持つ美しい珊瑚礁でのダイビングや、ホエールウォッチング、そしてアジア有数のサーフィンスポットであり、ウナワトゥワの穏やかな波からアルガムベイのスリリングな波まで、訪れる人のレベルや嗜好に合わせた様々なビーチがあり、カップルや家族で楽しめるアクティビティが充実しています。

日本からのアクセス

スリランカ航空(直行便あり)、シンガポール航空、キャセイパシフィック航空タイ航空、マレーシア航空が利用可能

紺碧の海、水上ヴィラ、天国の白砂で
ラグジュアリーなひと時を

モルディブの幻想的な情景に包まれて
フリースタイルのフォトセレモニー

オーダーメイドで好きな場所に好きな会場設営をしたり、司祭をつけたりつけなかったり、日本人のカメラマンやヘア&メイクアーティストをつきっきりにしたり、モルディブでフリースタイルなウェディングをできるのはEVCだけ!

Top